フリーエンジニアは何歳まで働けるか

フリーエンジニアとして働ける年齢としては、そもそもフリーですから辞めようと思えば本人が辞めたいと思った時が定年になるわけです。
確かに年齢を重ねていく中で、知識やその技術等で若い人に追い抜かれていくと、それに負けじと無理を重ねて体を壊すと言ったことも考えられますので、どこかで幕引きを考えざるを得ないとなってきます。もし、無理を避けてフリーエンジニアとして細く長く生きていくことを考えれば、うまく休暇を取るなどの方法で疲れを溜めないような働き方を模索することも大切となるでしょう。

このように、若い間は体に無理がきいても、年をとれば思考力や行動力が自然と低下するものです。そのことをよく自覚しておくことが求められる仕事と言えるでしょう。特にフリーなだけに次の仕事の問題等もありますが、無理をして体を壊せばそれこそ次の仕事が難しくなります。自分がどこまで働けるのか、その仕事を引き受けてもやり遂げられるのかなどの問題をしっかりと見つめて行動していくことが極めて大切です。

定年はフリーである以上は自分で決めることが可能です。
しかしながら身体あっての仕事ですから、加齢による疲労などを意識した時には、早め早めに休暇の取得などにより疲労を溜めずに、次の仕事をはつらつと行えるように、自らの意識管理、健康管理が求められていきます。
納期等の問題もあるので無理をしないわけにもいかないのですがバランス感覚も求められるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です