フリーエンジニアは企業の潤滑油的な存在

IT業界は日々移り変わりがとても激しい世界です。
仕事の流れも早いですが、人材の流動性も非常に高くて早いです。したがって、フリーエンジニアと呼ばれる人たちがいないと、まともに業界が回らないのです。

大企業であっても中小企業であっても、いずれにせよフリーの人を支える状況になければ、流れの早い仕事をまともに片付けていくことはほとんど不可能になります。

納期が迫っているときには人員をフレキシブルに増員しなくてはならないわけで、そんなときにはフリーエンジニアという存在が大きくなってくるのです。
もしも自社員だけですべてを終わらせなくてはならないのであれば、これほどのスピード感を持って仕事を請け負っていくことはできなかったはずです。
休暇を取る社員の穴埋めという意味でも大活躍します。
ですから、フリーランサーの果たしている潤滑油的な役割はとても重要だとみなが感じています。

正社員を雇うほど経営体力がない小さな会社も多いのがIT業界の特徴です。フリーエンジニアがプロジェクトのリーダーをつとめて、その下で働く人たちもフリーだというケースは比較的多く見受けられます。
IT業界の広範囲に渡って、フリーのエンジニアが果たしている役割は非常に大きく、今後はその割合も増加していくと考えられています。
政府によって非正規雇用一般化の流れが進められていくと、近い将来には正社員という存在がなくなってしまう可能性もあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です